こんなけ降ったら、関西の水瓶「琵琶湖…
[ 2018/07/07 ]
[ 写真をクリックすると拡大表示します ]
この数日間、よーさん雨降りましたねぇ〜!いよいよ明後日には梅雨明けかな…!?
こんばんわ!神戸市東灘区にあるPADIダイブセンター「エススタイル」のこんなけ降ったら、関西の水瓶「琵琶湖」も水不足になる心配はないでしょう…芹澤です!

さて、今日は海況不良の為、楽しみにしていた「白崎海洋公園ツアー」が中止となり、昼間お店でぼんやりしていると、携帯が鳴り…。

先方「緊急なんですが、芹澤さん、船のペラにロープを巻いたんですが、今から行けますか…!?」
芹澤「仕事無くなったし、空いてるけど…。場所はどこ!?」
先方「岸和田です。」
芹澤「エエよ!今から行くわ!」

タンク、レギュ、ハーネス、ウエット、水中ライト、ロープカッター等…忘れ物が無いよう準備をして、大雨の道中「どんな船やろ…メッチャデカかったら嫌やなぁ…」なんて妄想を膨らませながら現地に到着すると…。

全長70mほどの大きなガット船(砕石や砂利を運搬、荷降ろしする船)を目の前にして「アチャー!まあまあデカいがなぁ…!」(゜o゜)
しかも、この大雨で海には川の水が流れ込み、木の枝や枯れ葉が散乱し、海水はニゴニゴで真っ茶っ茶…!(>_<)

エントリーすると案の定、水面は雨水で視界ゼロでしたが、水深2mほど潜ると視界50pぐらいあってホッと一安心…。
ペラのところまで潜降すると、直径10pぐらいある太い係留ロープがシャフト部分にグルグル巻きに絡んでいて、思わず目をつむっちゃいましたネ!(失笑…)

なるべくロープを切りたくないんで(切るとメッチャ疲れるので…)、手で解けるところまで外して、ガッチガチに絡まってる部分はロープカッターで切断し、作業開始から約1時間…何とか無事に全ロープを除去することができました。

船員さん「助かったわ!ありがとう!やっと広島に戻れるわ!」と言い残し出港…!
「今から広島って、これまた被害の凄いところに帰るんやなぁ…」と心配する芹澤でした。

明日8日(日)は、平常通り11時〜OPEN!よろしくお願いしまーす!m(__)m
▲画面トップへ